AST

Node

抽象構文木(AST)の基本的な建設部材です。一般に、Nodeは言語文法の非終端記号を表します。ただし、識別子やリテラルなどとして、終端記号がツリーに保持されています。
ASTノードのドキュメントを構成するものは、2つのキーとなるものです。AST内の型を識別するノードのSyntaxKindと、ASTにインスタンス化されたときにノードが提供するAPIである interfaceです。
いくつかの主要な interface Nodeのメンバがあります:
  • ソースファイル内のノードのstartendを識別するTextRangeメンバ
  • ASTの中でノードの親となるparent?: Node
Nodeのフラグと修飾子のために、いくつか他のメンバがあります。あなたはソースコード中でinterface Nodeを検索することで見つけることができます。しかし、上記で言及したものは、ノードトラバーサル(node traversal)のために不可欠です。

SourceFile

  • SyntaxKind.SourceFile
  • interface SourceFile
SourceFileProgramに含まれるトップレベルのASTノードです。
リンクのコピー