TypeScript入門 & 環境構築

TypeScript 入門 & 環境構築

TypeScriptは、 最終的にJavaScriptにコンパイルされます。実際に実行されるのは、JavaScriptです。開発をするときは、TypeScriptを書きますが、ブラウザで実行する時には、TypeScriptをコンパイルして作成されたJavaScriptを実行する、ということです(Node.jsでも同じです)。なので、TypeScriptを利用するには、次のものが必要です:

  • TypeScriptコンパイラ (NPMのパッケージとして提供されています。または、OSS(オープンソースソフトウェア)のソースをローカル環境でビルドして利用することもできます)

  • TypeScriptのエディタ (メモ帳でも開発できますが、TypeScriptをデフォルトでサポートしているVisual Studio Code (VSCode) をお勧めします。また、他にも様々なIDE(統合開発環境)でTypeScriptがサポートされています。)

TypeScriptのバージョン

Macであればターミナル、Windowsであればコマンドプロンプトを開いて、次のコマンドを実行すれば、インストールできます。npmコマンドは Node.js をインストールすると利用できます。インストール方法は TypeScriptの公式サイト にも記載されています。

npm install -g typescript

より最新の機能を試したい場合は、夜間ビルド(nightly version)の最新版を利用することもできます。夜間ビルドのバージョンは、次のコマンドでインストールできます。

npm install -g [email protected]

これでtscコマンドを利用できます。tsc はTypeScriptのコンパイラを起動するコマンドです。tsc app.tsのように実行して、TypeScriptのファイルをJavaScriptにコンパイルできます。

VSCodeが利用するTypeScriptの場所をプロジェクトごとに設定することができます。下記はその例です。ほとんどの場合、このような設定をする必要はありませんが、紹介しておきます:

  • VSCodeで利用するTypeScriptのバージョンのパスを .vscode/settings.jsonで指定できます

{
"typescript.tsdk": "./node_modules/typescript/lib"
}

サンプルのソースコードについて

ここで紹介しているソースコードは、githubのリポジトリ にあります。 ほとんどのコードサンプルは、VSCodeにコピーしてそのまま実行できます。追加設定が必要なコードサンプル(例:npmモジュールのインストールが必要な場合)では、そのコードにリンクを記載します。下記はその例です:

hoge/hoge/code.ts

// 対象のコード

では、TypeScriptで開発するための設定を行いましょう。そして、TypeScriptの構文を見ていきましょう。