クロージャ

JavaScriptで最も素晴らしいものは、クロージャでした。 JavaScript関数は、外部スコープで定義された変数にアクセスできます。クロージャを理解するには、例を見るのが一番です。

function outerFunction(arg) {
var variableInOuterFunction = arg;
function bar() {
console.log(variableInOuterFunction); // 外側のスコープにある変数にアクセスします
}
// argにアクセスできることを示すために、ローカル関数を呼び出します。
bar();
}
outerFunction("hello closure"); // "hello closure"とログに出力されます

内側の関数は外側のスコープの変数(variableInOuterFunction)にアクセスできることがわかります。外側の関数の変数は、内側の関数に閉包されています(または束縛されています)。したがって、クロージャ(closure)という用語のコンセプト自体は簡単で直感的です。

クロージャの素晴らしい点:内側の関数は、外側の関数がreturnされた後でも変数にアクセスできます。これは変数が内側の関数に束縛されており、外側の関数に依存していないからです。もう一度例を見てみましょう:

function outerFunction(arg) {
var variableInOuterFunction = arg;
return function() {
console.log(variableInOuterFunction);
}
}
var innerFunction = outerFunction("hello closure!");
// outerFunctionが返しているものに注意してください
innerFunction(); // "hello closure!" と出力されます

なぜクロージャが素晴らしいか

オブジェクトを簡単に作成することができます。リヴィーリングモジュール(revealing module pattern)というコーディングパターンがあります:

function createCounter() {
let val = 0;
return {
increment() { val++ },
getVal() { return val }
}
}
let counter = createCounter();
counter.increment();
console.log(counter.getVal()); // 1
counter.increment();
console.log(counter.getVal()); // 2

クロージャを使いこなせば、Node.jsのようなものを作ることもできます(今はピンとこなくても、心配しないでください。最終的には分かります🌹):

// 概念を説明するための疑似コード
server.on(function handler(req, res) {
loadData(req.id).then(function(data) {
// `res`が閉じ込められており、ここで利用可能です
res.send(data);
})
});