TypeScriptコンパイラの内側
TypeScriptコンパイラのソースは、src/compilerフォルダの下にあります。
それは以下の主要な部分に分割されます:
  • Scanner(scanner.ts)
  • Parser(parser.ts)
  • Binder(binder.ts)
  • checker(checker.ts)
  • emitter(emitter.ts)
これらのそれぞれは、ソース内で独自のファイルを取得します。これらの部分については、この章の後半で説明します。

BYOTS

私たちは、Bring Your Own TypeScript(BYOTS)というプロジェクトを持っています。これは内部APIを公開する等によって、コンパイラのAPIを使って遊びやすくしています。あなたはこれを使用して、ローカルアプリケーションのTypeScriptのバージョンをグローバルに公開することができます。

シンタックスとセマンティクスの違い

文法(シンタックス)が正しいものが_意味_(セマンティクス)が正しいことを意味するわけではありません。以下のTypeScriptコードを考えてみましょう。文法は有効ですが、意味は間違っています:
var foo: number = "not a number";
Semanticは英語で「意味」を意味します。このコンセプトが頭の中にあると便利です。

処理の概要(Processing Overview)

以下は、TypeScriptコンパイラのこれらの主要部分の構成の概要です。
SourceCode ~~ scanner ~~> Token Stream
Token Stream ~~ parser ~~> AST
AST ~~ binder ~~> Symbols
SymbolはTypeScript _semantic_システムの主要な建設部材です。示されているように、シンボルはバインディングの結果として作成されます。シンボルは、AST内の宣言ノードを、同じエンティティに寄与する他の宣言に接続します。
Symbols + ASTは、ソースコードの意味(セマンティクス)を検証するためにチェッカーが使用するものです
AST + Symbols ~~ checker ~~> Type Validation
最後にJS出力が要求されたとき:
AST + Checker ~~ emitter ~~> JS
TypeScriptコンパイラには、これらの主要部分にユーティリティを提供するいくつかのファイルがあります。次で説明します。

File: Utilities

core.ts:TypeScriptコンパイラが使うコアユーティリティ。いくつか重要なもの:
  • let objectAllocator: ObjectAllocator:シングルトンのグローバルとして定義された変数です。それは、getNodeConstructor(Nodeはparser/ASTを見るときに扱います)、getSymbolConstructor(シンボルはbinderのときに扱います)、getTypeConstructor(型はcheckerで扱います)、 getSignatureConstructor(シグネチャはインデックス、シグネチャの呼び出しと構成物です)。

File: 主要なデータ構造

types.tsには、コンパイラ全体で使用される、主要なデータ構造とインターフェースがあります。いくつかの重要なサンプルの抜粋です:
  • SyntaxKind
    ASTノードタイプは、SyntaxKindenumによって識別されます。
  • TypeChecker
    TypeCheckerが提供するインターフェースです。
  • CompilerHost
    これはProgramSystemと対話するために使用されます。
  • Node
    ASTのノードです。

File: System

system.tsです。TypeScriptコンパイラとオペレーティングシステムとのすべての対話は、Systemインターフェースを介して行われます。インターフェースとその実装( WScriptNode)はsystem.tsで定義されています。あなたはそれを_Operating Environment_(OE)として考えることができます。
主要なファイルの概要を知ったので、Programの概念を見ていきましょう。
リンクのコピー
概要
BYOTS
シンタックスとセマンティクスの違い
処理の概要(Processing Overview)
File: Utilities
File: 主要なデータ構造
File: System