Node.js & TypeScriptのプロジェクト作成
TypeScriptは、Node.jsを公式にサポートしています。素早くNode.jsプロジェクトを設定する方法は次のとおりです。
注意:これらのステップの多くは実際にはNode.jsの設定手順です
  1. 1.
    プロジェクトの依存関係設定ファイルであるpackage.jsonをセットアップします。素早くこれを行う方法はこれです:npm init -y
  2. 2.
    TypeScriptをインストールします(npm install typescript --save-dev)
  3. 3.
    Node.jsのプログラムに必要な型宣言ファイルnode.d.tsをインストールします(npm install @types/node --save-dev)
  4. 4.
    TypeScriptの設定ファイルtsconfig.jsonを初期化します(npx tsc --init --rootDir src --outDir lib --esModuleInterop --resolveJsonModule --lib es6,dom --module commonjs)
これだけです!これで、IDE(例えばVSCode)を起動して遊んでみてください。TypeScriptの安全性を得つつ、心地よく、Node.jsに組み込まれた標準モジュールを使用することができます(例:import * as fs from 'fs';)。

ボーナス: 自動でコンパイルと実行を行う

  • TypeScriptをコンパイルし、Node.jsで実行するためにts-nodeをインストールする(npm install ts-node --save-dev)
  • ファイルが変更されるたびにts-nodeを再起動するためにnodemonをインストールする(npm install nodemon --save-dev)
アプリケーションのエントリポイントに基づいて下記のようなscriptpackage.jsonに追加するだけです。エントリポイントをindex.tsと仮定した場合は次のようになります:
1
"scripts": {
2
"start": "npm run build:live",
3
"build": "tsc -p .",
4
"build:live": "nodemon --watch 'src/**/*.ts' --exec 'ts-node' src/index.ts"
5
},
Copied!
これで、快適に開発を行うことができます。npm startを実行して、index.tsを変更する度に、次のことが自動的に行われます:
  • nodemonが、ts-nodeを再実行する
  • ts-nodeは自動的にtsconfig.jsonとTypeScriptバージョンを取得し、TypeScriptをコンパイルする
  • ts-nodeは出力されたJavaScriptをNode.jsで実行する
JavaScriptアプリケーションをデプロイする準備が整ったら、npm run buildを実行します。

ポイント

このようなNPMモジュールは、browserify(tsify)や、webpack(ts-loader)を使っていても、問題なく動作します。