Browser QuickStart

ブラウザでのTypeScript

TypeScriptを使用してWebアプリケーションを作成している場合は、簡単なTypeScript + React(私が選ぶUIフレームワーク)のプロジェクトのセットアップを取得することをお勧めします。

一般的なマシンのセットアップ

  • Node.jsをインストールする

  • Gitをインストールする

素早くプロジェクトをセットアップする

ベースとして https://github.com/basarat/react-typescript を使用してください。

git clone https://github.com/basarat/react-typescript.git
cd react-typescript
npm install

ここで、 あなたのすばらしいアプリケーションを開発する にジャンプしてください。

プロジェクトの詳細設定

そのプロジェクトがどのように作成されたかは下記の通りです。

  • プロジェクトのディレクトリを作成する:

mkdir your-project
cd your-project
  • tsconfig.jsonを作成する:

{
"compilerOptions": {
"sourceMap": true,
"module": "commonjs",
"esModuleInterop": true,
"resolveJsonModule": true,
"experimentalDecorators": true,
"target": "es5",
"jsx": "react",
"lib": [
"dom",
"es6"
]
},
"include": [
"src"
],
"compileOnSave": false
}
  • package.jsonを作成する:

{
"name": "react-typescript",
"version": "0.0.0",
"license": "MIT",
"repository": {
"type": "git",
"url": "https://github.com/basarat/react-typescript.git"
},
"scripts": {
"build": "webpack -p",
"start": "webpack-dev-server -d --content-base ./public"
},
"dependencies": {
"@types/react": "16.4.10",
"@types/react-dom": "16.0.7",
"clean-webpack-plugin": "0.1.19",
"html-webpack-plugin": "3.2.0",
"react": "16.4.2",
"react-dom": "16.4.2",
"ts-loader": "4.4.2",
"typescript": "3.0.1",
"webpack": "4.16.5",
"webpack-cli": "3.1.0",
"webpack-dev-server": "3.1.5"
}
}
  • すべてのリソースを含む単一のapp.jsファイルにモジュールをバンドルするためのwebpack.config.jsを作成する:

const { CleanWebpackPlugin } = require('clean-webpack-plugin');
const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');
module.exports = {
entry: './src/app/app.tsx',
plugins: [
new CleanWebpackPlugin({
cleanAfterEveryBuildPatterns: ['public/build']
}),
new HtmlWebpackPlugin({
template: 'src/templates/index.html'
}),
],
output: {
path: __dirname + '/public',
filename: 'build/[name].[contenthash].js'
},
resolve: {
extensions: ['.ts', '.tsx', '.js']
},
module: {
rules: [
{ test: /\.tsx?$/, loader: 'ts-loader' }
]
}
}
  • webpackが生成するindex.htmlのテンプレートとして使われるsrc/templates/index.htmlファイルです。生成されたファイルはpublicフォルダに配置され、Webサーバを通じてサーブされます:

<html>
<body>
<div id="root"></div>
</body>
</html>

あなたのフロントエンドアプリケーションのエントリポイントであるsrc/app/app.tsx

import * as React from 'react';
import * as ReactDOM from 'react-dom';
const Hello: React.FunctionComponent<{ compiler: string, framework: string }> = (props) => {
return (
<div>
<div>{props.compiler}</div>
<div>{props.framework}</div>
</div>
);
}
ReactDOM.render(
<Hello compiler="TypeScript" framework="React" />,
document.getElementById("root")
);

あなたのすばらしいアプリケーションを開発する

最新のパッケージを入手するにはnpm install typescript@latest react@latest react-dom@latest @types/react@latest @types/react-dom@latest webpack@latest webpack-dev-server@latest webpack-cli@latest ts-loader@latest clean-webpack-plugin@latest html-webpack-plugin@latest --save-exactを実行してください。

  • npm startを実行してライブ開発を行います

    • http://localhost:8080 を参照してください

    • src/app/app.tsx(またはsrc/app/app.tsxに使われるts/tsxファイル)を編集すれば、サーバーがライブリロードします

    • src/templates/index.htmlを編集すれば、サーバーがライブリロードします

  • npm run buildを実行して本番用のアセットをビルドします

    • Webサーバを通じてpublicフォルダ(ビルドされたアセットが配置される)をサーブします