for...of

JavaScript初心者がよく経験するエラーは、for...inが配列の要素を反復しないということです。代わりに渡されたオブジェクトのkeysを反復します。これを以下の例で示します。ここでは9,2,5の表示が期待されていますが、インデックス0,1,2が表示されます。

var someArray = [9, 2, 5];
for (var item in someArray) {
console.log(item); // 0,1,2
}

これは、for...ofがTypeScript(およびES6)に存在する理由の1つです。次のように、配列を繰り返し処理して、期待どおりに要素をログに出力します。

var someArray = [9, 2, 5];
for (var item of someArray) {
console.log(item); // 9,2,5
}

TypeScriptでは、同様に文字列に対してfor...ofを使っても問題ありません:

var hello = "is it me you're looking for?";
for (var char of hello) {
console.log(char); // 次のものが出力されます: is it me you're looking for?
}

生成されるJavaScript

ES6未満をターゲットにコンパイルした場合、TypeScriptは標準的なfor(var i = 0; i < list.length; i++)のループを生成します。たとえば、前の例で生成されるものを次に示します。

var someArray = [9, 2, 5];
for (var item of someArray) {
console.log(item);
}
// このようになります //
for (var _i = 0; _i < someArray.length; _i++) {
var item = someArray[_i];
console.log(item);
}

for...ofを使うと、開発者の意図がより明確になりますし、コードの量が減ります(そして、頭からひねり出さないといけない変数名も減ります)。

制限事項

ES6未満をターゲットにしている場合、コンパイルによって生成されるコードは、オブジェクトにlengthというプロパティが存在していること、数値のインデックス(obj[2]など)が使えることを前提にしています。なので、これらの古いJavaScriptエンジンでは、stringarrayのみがサポートされています。

もしstringarray以外でfor...ofを使用している場合は、TypeScriptはわかりやすいエラーを出力します: "array型またはstring型ではありません"。

let articleParagraphs = document.querySelectorAll("article > p");
// Error: これはarray型まはたstring型ではありません
for (let paragraph of articleParagraphs) {
paragraph.classList.add("read");
}

stringarrayであることが確実である場合だけ for ... ofを使ってください。この制限は、TypeScriptの将来のバージョンでは削除される可能性がありますので、注意してください。

まとめ

配列の反復処理をどれだけ多く書くことになるかを知ったら、あなたは驚くでしょう。その時には、for...ofを使ってください。あなたのコードのレビュアーが喜ぶかもしれません。