グローバル変数の宣言

例えば、process変数についてTypeScriptに伝える場合:
declare var process: any;
すでに コミュニティnode.d.tsをメンテナンスしているので、processのためにこれを行う必要はありません。
これにより、TypeScriptのエラーが発生することなくprocess変数を使うことができます:
process.exit();
可能な限りインターフェースを使用することをおすすめします。例:
interface Process {
exit(code?: number): void;
}
declare var process: Process;
これにより、他の人がこれらのグローバル変数を拡張し、その変更についてTypeScriptに伝えることができます。例えば余興にexitWithLogging関数を追加する次のような場合を考えてみましょう。
interface Process {
exitWithLogging(code?: number): void;
}
process.exitWithLogging = function() {
console.log("exiting");
process.exit.apply(process, arguments);
};
次はインターフェースを少し詳しく見ていきましょう。