Freshness
TypeScriptはFreshness(厳密なオブジェクトリテラルチェックとも呼ばれます)という概念を提供します。それはオブジェクトリテラルや構造的に互換性がある型の型チェックを簡単にします。
構造型は非常に便利です。次のコードを考えてみましょう。これにより、型安全性のレベルを維持しながら、JavaScriptをTypeScriptに非常に便利にアップグレードすることができます:
1
function logName(something: { name: string }) {
2
console.log(something.name);
3
}
4
5
var person = { name: 'matt', job: 'being awesome' };
6
var animal = { name: 'cow', diet: 'vegan, but has milk of own species' };
7
var random = { note: `I don't have a name property` };
8
9
logName(person); // okay
10
logName(animal); // okay
11
logName(random); // Error: property `name` is missing
Copied!
しかし、構造型の入力は、実際よりも、余計なものを含むデータを受け入れると誤解してしまうという弱点があります。これは、次のコードで示されています。これは、TypeScriptが次のようにエラーになります。
1
function logName(something: { name: string }) {
2
console.log(something.name);
3
}
4
5
logName({ name: 'matt' }); // okay
6
logName({ name: 'matt', job: 'being awesome' }); // Error: object literals must only specify known properties. `job` is excessive here.
Copied!
このエラーはオブジェクトリテラルでのみ発生することに注意してください。このエラーがなければ、logName({ name: 'matt', job: 'being awesome' })という呼び出しを見て、logNameにjobを渡すと何か便利なことを実行すると思うかもしれません。現実的には完全に無視されます。
もう1つの大きなユースケースは、オプションのメンバを持つインターフェースで、このようなオブジェクトのリテラルチェックなしでは、型チェックはタイプミスを見逃します。これは以下のとおりです:
1
function logIfHasName(something: { name?: string }) {
2
if (something.name) {
3
console.log(something.name);
4
}
5
}
6
var person = { name: 'matt', job: 'being awesome' };
7
var animal = { name: 'cow', diet: 'vegan, but has milk of own species' };
8
9
logIfHasName(person); // okay
10
logIfHasName(animal); // okay
11
logIfHasName({neme: 'I just misspelled name to neme'}); // Error: object literals must only specify known properties. `neme` is excessive here.
Copied!
このようにしてオブジェクトリテラルを型チェックする理由は、実際には使用されないプロパティは、ほとんどの場合、タイプミスまたは誤解によるものだからです。

追加のプロパティを許可する

型には、追加のプロパティが許可されていることを明示的に示すインデックスシグネチャを含めることができます。
1
var x: { foo: number, [x: string]: unknown };
2
x = { foo: 1, baz: 2 }; // Ok, `baz` matched by index signature
Copied!

ユースケース: Reactの状態

Facebook ReactJS は、オブジェクトのFreshnessの良いユースケースを提供します。コンポーネント内では、通常、すべてのプロパティを渡すのではなく、少数のプロパティだけを使ってsetStateを呼び出します。
1
// Assuming
2
interface State {
3
foo: string;
4
bar: string;
5
}
6
7
// You want to do:
8
this.setState({foo: "Hello"}); // Error: missing property bar
9
10
// But because state contains both `foo` and `bar` TypeScript would force you to do:
11
this.setState({foo: "Hello", bar: this.state.bar}};
Copied!
Freshnessの概念を使用する場合は、すべてのメンバをオプションとマークすれば、あなたはまだタイプミスに気づくことができます!:
1
// Assuming
2
interface State {
3
foo?: string;
4
bar?: string;
5
}
6
7
// You want to do:
8
this.setState({foo: "Hello"}); // Yay works fine!
9
10
// Because of freshness it's protected against typos as well!
11
this.setState({foos: "Hello"}}; // Error: Objects may only specify known properties
12
13
// And still type checked
14
this.setState({foo: 123}}; // Error: Cannot assign number to a string
Copied!