never

Never

プログラミング言語の設計には、bottom型の概念があります。それは、データフロー解析を行うと現れるものです。TypeScriptはデータフロー解析(😎)を実行するので、決して起こりえないようなものを確実に表現する必要があります。
never型は、このbottom型を表すためにTypeScriptで使用されます。自然発生するケース:
  • 絶対にreturnされない関数(例えば、関数本体に while(true){}がある場合)
  • 常にthrowする関数(例えば function foo(){throw new Error('Not Implemented')}の場合、fooの戻り値の型はneverです)
もちろん、このアノテーションを自分でも使用できます
1
let foo: never; // Okay
Copied!
しかし、neverは、neverだけを代入することができます。例:
1
let foo: never = 123; // Error: Type number is not assignable to never
2
3
// Okay as the function's return type is `never`
4
let bar: never = (() => { throw new Error(`Throw my hands in the air like I just don't care`) })();
Copied!
すばらしい。さあ、主な使用例を見てみましょう:)

ユースケース: 網羅チェック(Exhaustive Checks)

たどり着けないコンテキストで関数を呼び出すことはできません。
1
function foo(x: string | number): boolean {
2
if (typeof x === "string") {
3
return true;
4
} else if (typeof x === "number") {
5
return false;
6
}
7
8
// Without a never type we would error :
9
// - Not all code paths return a value (strict null checks)
10
// - Or Unreachable code detected
11
// But because TypeScript understands that `fail` function returns `never`
12
// It can allow you to call it as you might be using it for runtime safety / exhaustive checks.
13
return fail("Unexhaustive!");
14
}
15
16
function fail(message: string): never { throw new Error(message); }
Copied!
neverは他のneverにのみ割り当てられるので、コンパイル時の網羅チェックのためにも使うことができます。これはユニオン判別のセクションで説明します。

voidとの混同

関数が正常に終了することがないとき、neverが返されると知ると、直感的にvoidと同じように考えたくなるでしょう。しかし、voidは部品です。neverはうそつきです。
何も返さない関数はvoidを返します。しかし、returnを返すことのない関数(または常にスローする)はneverを返します。voidは(strictNullCheckingなしで)代入することができるものですが、nevernever以外のものに代入することはできません。