Classes are Useful

次の構造を持つことは非常に一般的です。

function foo() {
let someProperty;
// Some other initialization code
function someMethod() {
// Do some stuff with `someProperty`
// And potentially other things
}
// Maybe some other methods
return {
someMethod,
// Maybe some other methods
};
}

これはリビーリングモジュールパターン(revealing module pattern)と呼ばれ、JavaScriptではかなり一般的です(JavaScriptのクロージャを利用しています)。

ファイルモジュール(グローバルスコープは良くないので、あなたは本当にそれを使うべきです)]を使用している場合、あなたのファイルは事実上同じです。しかし、人々が次のようなコードを書くケースがあまりにも多くあります。

let someProperty;
function foo() {
// Some initialization code
}
foo(); // some initialization code
someProperty = 123; // some more initialization
// Some utility function not exported
// later
export function someMethod() {
}

私は継承が大好きではありませんが、私は人々がクラスを使用することで、コードをより良く整理することができる、ということを発見しました。同じ開発者が直感的に次のように書きます:

class Foo {
public someProperty;
constructor() {
// some initialization
}
public someMethod() {
// some code
}
private someUtility() {
// some code
}
}
export = new Foo();

また、単に開発者のことだけでなく、クラスを使って、優れた視覚化を実現する開発ツールを作成することはずっと一般的であり、また、チームが理解し維持する必要があるパターンが1つ少なくなります。

PS:shallowなクラス階層に関して、それが大幅な再利用とボイラープレートの削減を提供する場合、私の意見には間違いがありません。