Number型
プログラミングで数値を扱うときは、その言語における数値の扱いに注意する必要があります。ここでは、JavaScriptで数字に関して注意するべき、いくつかの重要な点を説明します。

コアな型

JavaScriptにはたった1つの数値型しかありません。倍精度の64ビットの数値(Number)です。以下でその限界値と望ましい解決策について説明します。

10進数(Decimal)

他の言語におけるdouble / floatに精通している人であれば、バイナリの浮動小数は10進数の小数と正しく対応していないことを知っているでしょう。 JavaScriptの数値を使った簡単な(そして有名な)例を以下に示します:
1
console.log(.1 + .2); // 0.30000000000000004
Copied!
正しい小数演算のためには、以下に述べるbig.jsを使います。

整数(Integer)

整数値の限界は、組み込みの数値型Number.MAX_SAFE_INTEGERNumber.MIN_SAFE_INTEGERによって決まります。
1
console.log({max: Number.MAX_SAFE_INTEGER, min: Number.MIN_SAFE_INTEGER});
2
// {max: 9007199254740991, min: -9007199254740991}
Copied!
数値の扱いにおける安全とは、丸め誤差が起きた数値ではないことが確実であることです。
安全でない値は、安全な限界値から+1 か -1離れた値であり、どんな値の加算/減算でも、結果を丸めるでしょう。
1
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 1 === Number.MAX_SAFE_INTEGER + 2); // true!
2
console.log(Number.MIN_SAFE_INTEGER - 1 === Number.MIN_SAFE_INTEGER - 2); // true!
3
4
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER); // 9007199254740991
5
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 1); // 9007199254740992 - Correct
6
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 2); // 9007199254740992 - Rounded!
7
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 3); // 9007199254740994 - Rounded - correct by luck
8
console.log(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 4); // 9007199254740996 - Rounded!
Copied!
安全性をチェックするには、ES6のNumber.isSafeIntegerを使用します:
1
// 安全な値
2
console.log(Number.isSafeInteger(Number.MAX_SAFE_INTEGER)); // true
3
4
// 危険な値
5
console.log(Number.isSafeInteger(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 1)); // false
6
7
// なぜならオーバーフローによって値が丸められている可能性があるからです
8
console.log(Number.isSafeInteger(Number.MAX_SAFE_INTEGER + 10)); // false
Copied!
JavaScriptは、最終的にBigInt がサポートされます。現時点では、任意精度整数の計算を行いたい場合は、下記のbig.jsを使います。

big.js

財務計算(例:GST計算、セントでのお金、追加など)のために数学を使用する場合は、big.jsのようなライブラリを使用します。
  • 完全無欠な10進演算
  • 安全な範囲外の整数値
インストールは簡単です:
1
npm install big.js @types/big.js
Copied!
簡単な使用例:
1
import { Big } from 'big.js';
2
3
export const foo = new Big('111.11111111111111111111');
4
export const bar = foo.plus(new Big('0.00000000000000000001'));
5
6
// numberを得る方法
7
const x: number = Number(bar.toString()); // 小数点以下の精度を失う
Copied!
このライブラリは、チャートやキャンバスの描画など、UI /パフォーマンスが重視される目的には使用しないでください。

NaN

数値計算が有効な数値で表現できない場合、JavaScriptは特別なNaN値を返します。古典的な例は虚数です。
1
console.log(Math.sqrt(-1)); // NaN
Copied!
注:等価演算子はNaN値では機能しません。代わりにNumber.isNaNを使用してください:
1
// これはしないでください
2
console.log(NaN === NaN); // false!!
3
4
// こうしてください
5
console.log(Number.isNaN(NaN)); // true
Copied!

無限(Infinity)

Numberで表現可能な値の境界は、Number.MAX_VALUE-Number.MAX_VALUEの値として利用できます。
1
console.log(Number.MAX_VALUE); // 1.7976931348623157e+308
2
console.log(-Number.MAX_VALUE); // -1.7976931348623157e+308
Copied!
精度が変更されない範囲外の値は、これらの限界値に制限されます。
1
console.log(Number.MAX_VALUE + 1 == Number.MAX_VALUE); // true!
2
console.log(-Number.MAX_VALUE - 1 == -Number.MAX_VALUE); // true!
Copied!
精度が変更される範囲外の値は、特殊な値Infinity/-Infinityに解決されます。
1
console.log(Number.MAX_VALUE + 10**1000); // Infinity
2
console.log(-Number.MAX_VALUE - 10**1000); // -Infinity
Copied!
もちろん、これらの無限大値は、それを必要とする算術演算でも現れます。
1
console.log( 1 / 0); // Infinity
2
console.log(-1 / 0); // -Infinity
Copied!
以下のように、これらのInfinity値を手動で使うか、Numberクラスの静的メンバを使うことができます:
1
console.log(Number.POSITIVE_INFINITY === Infinity); // true
2
console.log(Number.NEGATIVE_INFINITY === -Infinity); // true
Copied!
幸運なことに、比較演算子(</ >)は無限値に対して確実に正しく動作します:
1
console.log( Infinity > 1); // true
2
console.log(-Infinity < -1); // true
Copied!

無限小(Infinitesimal)

Numberで表現可能なゼロでない最小値は、静的なNumber.MIN_VALUEとして使用できます。
1
console.log(Number.MIN_VALUE); // 5e-324
Copied!
MIN_VALUEより小さい値(アンダーフロー値)は0に変換されます。
1
console.log(Number.MIN_VALUE / 10); // 0
Copied!
より直感的に: Number.MAX_VALUEより大きい値がINFINITYに丸められるように、Number.MIN_VALUEより小さい値は0に丸められます。
最終更新 1yr ago