Binder Declarations

nodesymbolの間のリンクは、いくつかの関数によって実行されます。ある1つの関数は、SourceFileNodeをSource File Symbolにバインドするために使われます。それは、addDeclarationToSymbol関数です。

注:外部モジュールソースファイルのSymbolflags : SymbolFlags.ValueModulename: '"' + removeFileExtension(file.fileName) + '"')としてセットアップされています。

function addDeclarationToSymbol(symbol: Symbol, node: Declaration, symbolFlags: SymbolFlags) {
symbol.flags |= symbolFlags;
node.symbol = symbol;
if (!symbol.declarations) {
symbol.declarations = [];
}
symbol.declarations.push(node);
if (symbolFlags & SymbolFlags.HasExports && !symbol.exports) {
symbol.exports = {};
}
if (symbolFlags & SymbolFlags.HasMembers && !symbol.members) {
symbol.members = {};
}
if (symbolFlags & SymbolFlags.Value && !symbol.valueDeclaration) {
symbol.valueDeclaration = node;
}
}

重要なリンクを行っている部分:

  • AST node(node.symbol)からSymbolへのリンクを作成します。

  • NodeをSymbolのDeclaration(symbol.declarations)の1つとして追加します。

Declaration

Declarationはオプションの名前を持つnodeです。types.tsにあります:

interface Declaration extends Node {
_declarationBrand: any;
name?: DeclarationName;
}