this

関数の中でのthisへのアクセスは、関数がどのように呼び出されたかによって制御されます。これは一般に「呼び出しコンテキスト」と呼ばれます。

例:

function foo() {
console.log(this);
}
foo(); // グローバル値をログに出力します(例: ブラウザにおける `window`)
let bar = {
foo
}
bar.foo(); // `bar`がログに出力されます。なぜなら、`bar`に対して`foo`が呼び出されるからです

なので、thisの使い方に気をつけてください。呼び出しコンテキストからクラス内のthisを切り離したい場合は、アロー関数を使います。アロー関数については後述します