Dynamic Import Expressions

動的インポート式は新しい機能であり、ECMAScriptの一部で、ユーザーはプログラムの任意の時点でモジュールを非同期に要求できます。 TC39(JavaScript committee)が、その提案を行っており、ステージ3の段階にあります。それは、import() proposal for JavaScriptと呼ばれています。

また、webpackバンドラにはバンドルを分割することができるCode Splittingという機能があります。それは、コードをチャンクに分割し、後で非同期にダウンロードされるようにすることができます。たとえば、これにより、最小の起動用のバンドルを最初に提供し、後で追加の機能を非同期にロードすることができます。

私たちの開発ワークフローでwebpackを使用している場合、TypeScript 2.4 dynamic import expressions自動的にチャンク化されたバンドルを生成し、最終的なJSバンドルを自動的に分割します。しかし、tsconfig.jsonの設定に依存しているので、それはそう簡単ではありません。

webpackのコード分割では、この目標を達成するための2つの同様なテクニックをサポートしています: import()(ECMAScriptの推奨)とrequire.ensure()(従来から存在するwebpack固有の方法)です。そして、それが意味するのは、TypeScriptにおいてimport()文を他の何かにトランスパイルするのではなく、そのままの形で出力することです。

webpack + TypeScript 2.4の設定方法の例を見てみましょう。

次のコードでは、ライブラリの moment の遅延ロードとコード分割を行いたいと考えています。つまり、momentライブラリを別のJSチャンク(JavaScript file)に分けて、必要なときにロードされるようにします。

import(/* webpackChunkName: "momentjs" */ "moment")
.then((moment) => {
// lazyModule has all of the proper types, autocomplete works,
// type checking works, code references work \o/
const time = moment().format();
console.log("TypeScript >= 2.4.0 Dynamic Import Expression:");
console.log(time);
})
.catch((err) => {
console.log("Failed to load moment", err);
});

ここにtsconfig.jsonがあります:

{
"compilerOptions": {
"target": "es5",
"module": "esnext",
"lib": [
"dom",
"es5",
"scripthost",
"es2015.promise"
],
"jsx": "react",
"declaration": false,
"sourceMap": true,
"outDir": "./dist/js",
"strict": true,
"moduleResolution": "node",
"typeRoots": [
"./node_modules/@types"
],
"types": [
"node",
"react",
"react-dom"
]
}
}

重要なメモ

完全な例はここで見ることができます。