動的インポート
動的インポートは新しい機能であり、ECMAScriptの一部で、ユーザーはプログラムの任意の時点でモジュールを非同期にロードできます。 TC39(JavaScript committee)が、その提案(import() proposal for JavaScript)を行っており、ステージ3の段階にあります。
また、webpackバンドラにはバンドルを分割することができるCode Splittingという機能があります。それは、コードをチャンクファイルに分割し、後で非同期にダウンロードされるようにすることができます。たとえば、これにより、最小の起動用のバンドルを最初に提供し、後で追加の機能を非同期にロードすることができます。
私たちの開発ワークフローでwebpackを使用している場合、TypeScript 2.4 dynamic import expressions自動的にチャンク化されたバンドルを生成し、最終的なJavaScriptバンドルを自動的に分割します。しかし、これはtsconfig.jsonの設定に依存しているので、そう簡単ではありません。
重要なことは、webpackのコード分割機能は、この目標を実現するための 2 つのやり方をサポートしているということです: import()(ECMAScriptの推奨)または、require.ensure()(従来から存在するwebpack固有の方法)がサポートされています。これが意味することは、TypeScriptにおいては、import()文を他の何らかの構文にトランスパイルするのではなく、そのままの形で出力しなければならない、ということです。
webpack + TypeScript 2.4の設定方法の例を見てみましょう。
次のコードは moment ライブラリを遅延ロードしようとしているコードです。しかし、それだけではなく、コード分割もしたいと思っています。つまり、momentライブラリを別のJavaScriptのチャンクファイルに分割して、必要なときだけロードされるようにしたい、ということです。このコメント/* webpackChunkName: "momentjs" */import文に追加して、webpackのチャンク名を明示的に伝えることができます。
1
import(/* webpackChunkName: "momentjs" */ "moment")
2
.then((moment) => {
3
// 遅延ロードされるモジュールでも、型が有効であり、自動補完や、型チェックが機能します \o/
4
const time = moment().format();
5
console.log("TypeScript >= 2.4.0 動的インポートがサポートされています:");
6
console.log(time);
7
})
8
.catch((err) => {
9
console.log("momentのロードに失敗しました", err);
10
});
Copied!
tsconfig.jsonは次のようになります:
1
{
2
"compilerOptions": {
3
"target": "es5",
4
"module": "esnext",
5
"lib": [
6
"dom",
7
"es5",
8
"scripthost",
9
"es2015.promise"
10
],
11
"jsx": "react",
12
"declaration": false,
13
"sourceMap": true,
14
"outDir": "./dist/js",
15
"strict": true,
16
"moduleResolution": "node",
17
"typeRoots": [
18
"./node_modules/@types"
19
],
20
"types": [
21
"node",
22
"react",
23
"react-dom"
24
]
25
}
26
}
Copied!
重要
完全な例はここで見ることができます。
最終更新 1yr ago
リンクのコピー