Iterator

イテレータ自体はTypeScriptまたはES6の機能ではなく、オブジェクト指向プログラミング言語において一般的な、"振る舞いに関するデザインパターン"です。これは、一般的に次のインターフェースを実装するオブジェクトです。

interface Iterator<T> {
next(value?: any): IteratorResult<T>;
return?(value?: any): IteratorResult<T>;
throw?(e?: any): IteratorResult<T>;
}

(<T>記法についてはのちに説明します) このインターフェースは、コレクションまたはシーケンスのオブジェクトに属する値を取得することを可能にします。

IteratorResultは単なるvalue+doneのペアです:

interface IteratorResult<T> {
done: boolean;
value: T;
}

何らかのframeという名前のオブジェクトがあると想像してください。このframeは、コンポーネントの一覧で構成されています。イテレータのインターフェースは、frameオブジェクトのコンポーネントを次のように取得することを可能にします。

class Component {
constructor (public name: string) {}
}
class Frame implements Iterator<Component> {
private pointer = 0;
constructor(public name: string, public components: Component[]) {}
public next(): IteratorResult<Component> {
if (this.pointer < this.components.length) {
return {
done: false,
value: this.components[this.pointer++]
}
} else {
return {
done: true
}
}
}
}
let frame = new Frame("Door", [new Component("top"), new Component("bottom"), new Component("left"), new Component("right")]);
let iteratorResult1 = frame.next(); //{ done: false, value: Component { name: 'top' } }
let iteratorResult2 = frame.next(); //{ done: false, value: Component { name: 'bottom' } }
let iteratorResult3 = frame.next(); //{ done: false, value: Component { name: 'left' } }
let iteratorResult4 = frame.next(); //{ done: false, value: Component { name: 'right' } }
let iteratorResult5 = frame.next(); //{ done: true }
// `value`プロパティを経由して、イテレータの戻り値を取得することができます
let component = iteratorResult1.value; // Component { name: 'top' }

繰り返しになりますが、イテレータ自体はTypeScriptの機能ではありません。このコードはIteratorIteratorResultのインターフェースを明示的に実装しなくても動作します。しかしながら、ES6のインターフェースを使うことはコードの一貫性を保つ上で非常に便利です。

上のコードでも良いでしょう。しかし、もっと便利にできます。ES6は反復可能プロトコルを定義していおり、その1つは[Symbol.iterator]シンボルです。これを利用して、for...ofで反復可能なオブジェクトを実装できます:

//...
class Frame implements Iterable<Component> {
constructor(public name: string, public components: Component[]) {}
[Symbol.iterator]() {
let pointer = 0;
let components = this.components;
return {
next(): IteratorResult<Component> {
if (pointer < components.length) {
return {
done: false,
value: components[pointer++]
}
} else {
return {
done: true,
value: null
}
}
}
}
}
}
let frame = new Frame("Door", [new Component("top"), new Component("bottom"), new Component("left"), new Component("right")]);
for (let cmp of frame) {
console.log(cmp);
}

残念ながら frame.next()はこのパターンでは動作しません。また、見た目が少し不格好です。そこで助けになるのがTypeScriptで利用できる IterableIterator インターフェースです:

//...
class Frame implements IterableIterator<Component> {
private pointer = 0;
constructor(public name: string, public components: Component[]) {}
public next(): IteratorResult<Component> {
if (this.pointer < this.components.length) {
return {
done: false,
value: this.components[this.pointer++]
}
} else {
return {
done: true,
value: null
}
}
}
[Symbol.iterator](): IterableIterator<Component> {
return this;
}
}
//...

frame.next()forループの両方が、IterableIteratorインターフェースでうまく動作するようになりました。

イテレータが反復する対象は有限個である必要はありません。典型的な例はフィボナッチ計算の処理です:

class Fib implements IterableIterator<number> {
protected fn1 = 0;
protected fn2 = 1;
constructor(protected maxValue?: number) {}
public next(): IteratorResult<number> {
var current = this.fn1;
this.fn1 = this.fn2;
this.fn2 = current + this.fn1;
if (this.maxValue != null && current >= this.maxValue) {
return {
done: true,
value: null
}
}
return {
done: false,
value: current
}
}
[Symbol.iterator](): IterableIterator<number> {
return this;
}
}
let fib = new Fib();
fib.next() //{ done: false, value: 0 }
fib.next() //{ done: false, value: 1 }
fib.next() //{ done: false, value: 1 }
fib.next() //{ done: false, value: 2 }
fib.next() //{ done: false, value: 3 }
fib.next() //{ done: false, value: 5 }
let fibMax50 = new Fib(50);
console.log(Array.from(fibMax50)); // [ 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34 ]
let fibMax21 = new Fib(21);
for(let num of fibMax21) {
console.log(num); //Prints fibonacci sequence 0 to 21
}

ES5で動作するイテレータを使ってコードを書く

上記のコード例はES6をターゲットにしてコンパイルする必要がありますが、ES5をターゲットにしても、 Symbol.iterator をサポートしている場合は、動作する可能性があります。これは、ES6 lib(es6.d.ts)をプロジェクトに追加してES5をターゲットにコンパイルすることで可能です。コンパイルされたコードは、node 4+、Google Chrome、その他のブラウザで動作するはずです。