Equality

Last updated 2 months ago

等価演算子(Equality)

JavaScriptで注意するべき点の1つは=====の違いです。 JavaScriptはエラーが起きにくい仕様であるため、==は、2つの変数の型変換を行います。 例えば、下記の場合、文字列は数値に変換されます。

console.log(5 == "5"); // true , TS Error
console.log(5 === "5"); // false , TS Error

しかし、JavaScriptの選択は必ずしも理想的ではありません。下の例の最初の行は"""0"は両方とも文字列であり、明らかに等しくないため、falseです。しかし、第2のケースでは、「0」と空文字列("")はfalsy(falseのように振る舞う)であるため、==にtrueです。両方とも===を使うとfalseになります。

console.log("" == "0"); // false
console.log(0 == ""); // true
console.log("" === "0"); // false
console.log(0 === ""); // false

TypeScriptの場合、string == numberstring === numberはどちらもコンパイルエラーであることに注意してください。通常は心配する必要はありません。

=====と同様に、 !=!==でも同じです。

そのため、(プロとしてのアドバイス:)我々は、後で説明するnullチェック以外は、常に===!==を使います。

構造の等価性(Structural Equality)

==/===は、2つのオブジェクトの構造を比較したい場合は、使えません。例:

console.log({a:123} == {a:123}); // False
console.log({a:123} === {a:123}); // False

このようなチェックを行うには、deep-equal npmパッケージを使用します。

import * as deepEqual from "deep-equal";
console.log(deepEqual({a:123},{a:123})); // True

しかし、一般的に、深い比較(deep equal)は必要ありません。開発者が本当に必要としていることは、id等でチェックすることで実現できます。

type IdDisplay = {
id: string,
display: string
}
const list: IdDisplay[] = [
{
id: 'foo',
display: 'Foo Select'
},
{
id: 'bar',
display: 'Bar Select'
},
]
const fooIndex = list.map(i => i.id).indexOf('foo');
console.log(fooIndex); // 0