nullとundefined
JavaScript(と、TypeScript)は、nullundefinedという2つのボトム型(bottom type)があります。これらは異なる意味を持っています。
    初期化されていない: undefined
    現在利用できない: null

どちらであるかをチェックする

現実としては、あなたは両方とも対応する必要があります。==でチェックしましょう:
1
/// `foo.bar == undefined` のようなコードを書いたときに、何が起きるか想像してみてください:
2
console.log(undefined == undefined); // true
3
console.log(null == undefined); // true
4
5
// このようなチェックをすれば、falsyな値について心配する必要はありません
6
console.log(0 == undefined); // false
7
console.log('' == undefined); // false
8
console.log(false == undefined); // false
Copied!
== nullを使ってundefinednullを両方ともチェックすることを推奨します。一般的に2つを区別する必要はありません。
1
function foo(arg: string | null | undefined) {
2
if (arg != null) {
3
// `!=` がnullとundefinedを除外しているので、引数argは文字列です
4
}
5
}
Copied!
1つだけ例外があります。次に説明するルートレベル(root level)のundefinedの値です。

ルートレベル(root level)のundefinedのチェック

== nullを使うべきだと言ったことを思い出してください。もちろん、覚えているでしょう(今、言ったばかりなので)。それは、ルートレベルのものには使用しないでください。 strictモード(strict mode)でfooを使うとき、fooが定義されていないと、ReferenceError exceptionが発生し、コールスタック全体がアンワインド(unwind)されます。
strictモードを使うべきです...現実としては、TSコンパイラはモジュール(modules)を使うときに、自動的に"use strict";を挿入します...後で解説を行うので、詳細は省略します:)
変数がglobalレベルで定義されているかどうかを確認するには、通常、typeofを使用します:
1
if (typeof someglobal !== 'undefined') {
2
// これでsomeglobalは安全に利用できます
3
console.log(someglobal);
4
}
Copied!

undefined の明示的な利用を制限する

TypeScriptでは値と構造を分離してドキュメントのようにわかりやすくすることができます。下記のようなコードを想像してください:
1
function foo(){
2
// if 何らかの場合に返す値
3
return {a:1,b:2};
4
// else それ以外の場合に返す値
5
return {a:1,b:undefined};
6
}
Copied!
これは、次のように型アノテーションを使用すべきです。
1
function foo():{a:number,b?:number}{
2
// if 何らかの場合に返す値
3
return {a:1,b:2};
4
// else それ以外の場合に返す値
5
return {a:1};
6
}
Copied!

Nodeスタイルのコールバック

Nodeスタイルのコールバック関数(例: (err, somethingElse)=> {/* something */})は、エラーがなければ errnullを設定して呼び出されます。開発者は一般的にtruthyチェックを行います:
1
fs.readFile('someFile', 'utf8', (err,data) => {
2
if (err) {
3
// 何らかのエラー処理をする
4
} else {
5
// エラーなし
6
}
7
});
Copied!
独自のAPIを作成するときは、一貫性のためにnullを使用することは、良くはありませんが、問題ありません。とはいえ、できればPromiseを返すようにするべきです。そうすれば、errnullかどうかを気にかける必要はなくなります(.then.catchを使います)。

値の有効性を表す意味でundefinedを使用しない

下記は、ひどい関数の例です:
1
function toInt(str:string) {
2
return str ? parseInt(str) : undefined;
3
}
Copied!
下記のようにする方が、はるかに良いでしょう:
1
function toInt(str: string): { valid: boolean, int?: number } {
2
const int = parseInt(str);
3
if (isNaN(int)) {
4
return { valid: false };
5
}
6
else {
7
return { valid: true, int };
8
}
9
}
Copied!

JSONとシリアライズ

JSON標準では、nullのエンコードはサポートしていますが、undefinedのエンコードはサポートしていません。値がnullである属性を持つオブジェクトをJSONにエンコードするとき、その属性はnull値とともにJSONに含まれますが、値がundefinedである属性は完全に除外されます。
1
JSON.stringify({willStay: null, willBeGone: undefined}); // {"willStay":null}
Copied!
結果として、JSONベースのデータベースは、nullはサポートしますがundefinedはサポートしないことがあります。null値を持つ属性はエンコードされるため、オブジェクトをエンコードしてリモートのデータストアに送る前に、ある属性値をnullにすることで、その属性をクリアしたいという意図を明確に伝えることができます。
属性値をundefinedにすると、その属性はJSONにエンコードされないため、データのストレージと転送のコストを節約することができます。しかし、これによって、値をクリアすることと、値が存在しないことの文脈を曖昧にしてしまいます。

結論

TypeScriptチームは、nullを使いません: TypeScriptコーディングガイドライン。 そして、問題は起きていません。 Douglas Crockfordはnullは良くない考えであり、誰もがundefinedだけを使うべきだと考えています。
しかし、Nodeスタイルのコードでは、Error引数にnullが標準で使われています。これは何かがおかしいですという意味です。私は個人的に、ほとんどのプロジェクトにおいて、意見がバラバラのライブラリを使っていますが、== nullで除外するだけなので、2つの区別について気にすることはありません。
最終更新 1yr ago